家族間の人間関係~陰と陽から考える~

陰と陽

太陽は陽
月は陰

表は陽
裏は陰

人は?

男性が陽
女性が陰

今の現代だと、女性が陽なイメージがありますね。
ただ、この陰陽五行説の中からの考えです。

自然界の法則にしたがったものであるのです。

家族の関係

お父さんが陽 お母さんが陰

子供が加わると変化します。

子どもは絶対的に陽

子ども(陽)⇔お父さん(陰)
子ども(陽)⇔お母さん(陰)

皆さん、気づきましたか?
お母さん(女性)は陰ばかりじゃない!!

それじゃあお母さんがイメージ的には良いとは言えなくなってしまいますね。

親の存在

お母さんは、いつもお母さんでいなくてもいいのです。
自分自身の親に頼ってみてはいかがでしょうか?

自分の親なら親が陰
自分は子どもの立場になるので陽

変化するのです!もちろん、親でなくても親のような存在の人と関わってみるのもいいですね。

祖父母と孫

子どもは陽
祖父母は陰

子どもは陽気の塊です。
子どもは祖父母に陽気のエネルギーを分けましょう。

先日、微笑ましい光景がありました。
年末年始で孫と祖父母が関わりがもてます。

おばあちゃん 「肩もんでちょうだい」
孫      「いいよ~。」

孫と祖母

おばあちゃんは肩をもんでもらいながら、エネルギーをもらっている。
孫は有り余るエネルギーを肩もみを通して分けることで、心が落ち着く。行動も落ち着く。

なんて良い関係。

見ている私も心が和んだ、年末年始でした。